セプテム総研の製品作りに欠かせないもの、それは「お客様のお声」。
セプテム総研では、WEBアンケートにより女性の美容意識や実態など、さまざまなテーマで調査・解析をおこなっています。

女性の長期マスク生活によるメリット・デメリット

コロナウィルスの感染症対策でマスクを着用し始めて1年が経過しました。マスクの長期着用により、人前でのマスクが当たり前の生活となった中で、女性の肌状態や気持ちの変化について調査、解析しました。

詳しくはコチラ

長期マスク着用と肌悩み(定点調査)

コロナウィルス感染症対策でマスクを着用し始めて約1年が経過しました。マスクの長期着用による肌状態の変化を知るために、20歳以上の女性(3,200名)を対象に調査し、2020年7~8月におこなった調査と比較しながら解析しました。

詳しくはコチラ

バスタイムの充実は肌と心の充実に繋がる

寒さを感じはじめると、お風呂にゆっくり入って心も体も温まりたくなりませんか?日本人は海外と比較するとお風呂につかる頻度が高く、お風呂好きといわれています。今回は、入浴による心と体の関係について調査、解析しました。

詳しくはコチラ

長期マスク着用による女性のお肌への影響

コロナ禍でマスクの着用が長期化・習慣化している現在、マスクの長期着用によるさまざまな肌変化を知るために、20歳以上の女性(1,743名)を対象にマスクの使用実態や着用することによる肌状態の変化について調査、解析しました。

詳しくはコチラ

現代女性のシワに関する実態調査

お肌のエイジングサインのひとつであるシワ。シワがあるのとないのとでは、見た目の印象が大きく変わるといわれています。現代女性が持つ肌悩み意識に関する調査から「シワ」に着目して調査、解析しました。

詳しくはコチラ

女性の紫外線対策はどう変化したか

例年とは違うコロナ禍の夏。20歳以上の女性(1,894名)を対象に2020年6~7月にかけて、夏の過ごし方や室内で過ごす時間、紫外線に対する意識や対策方法への影響について調査、解析しました。

詳しくはコチラ

コロナ自粛による変化に関する調査

新型コロナウイルスの感染拡大により、約6割の女性にさまざまな変化がありました。緊急事態宣言発令による女性のライフスタイルや肌状態の変化について、実態を調査・解析しました。
 

詳しくはコチラ

夏の終わりの“老け肌”実感に関する調査

肌への紫外線ダメージが最も大きい夏。夏の終わり頃になると、多くの女性が“肌の老け”を感じます。夏の紫外線ケアや夏の過ごし方による夏終わりの“老け肌”実感についてその実態を調査、解析しました。

詳しくはコチラ

 
データに関するお問い合わせ
アンケートデータに関するお問い合わせは、個人情報保護方針をご覧いただき同意の上、下記メールアドレスへお願いいたします。
※データの無断転用はお断りしております
e-mail:customer-so@septem-so.com
PAGE TOP